来る3月29日から4月4日までのSPスペシャルvol.2「ゆとりサミット〜関西小劇場開戦前夜〜」では6夜連続して関西で活動中の若手劇団の舞台映像をお送りします。

第6夜の4月3日の放送作品はこちら!



匿名劇壇
「HYBRID ITEM」


1.SISTER  2.BOLT  3.恋愛についてのアンケート  
4.受験戦争  5.shuffle  6.KINGS  7.HYBRID

7つの物語は、連続しているものではない。しかし、全く別の物語でもない。
それぞれの登場人物の感情のみが一致し、それを除く時間と空間がすこしずつずれているのだ。
彼らのいる世界に関連性はないが、彼らの言動のみが一貫している。つまりこれは役者の物語である。
彼らは役を演じるのではなく、その関係を維持しようと努力するのだ。
似て非なる世界へとなだらかに移行するこの舞台において、彼らは役者同士の関係を一致させようとし、
それは物語の破綻、あるいは曲解へと繋がっていく。


【作・演出】福谷圭祐

【出演】
碇真人、佐々木誠、芝原里佳、東千紗都、福谷圭祐、松原由希子

2009年に、近畿大学文芸学部芸術学科舞台芸術専攻に所属する5名で『THE EGG』(作・演出 福谷圭祐)を上演し、2010年新メンバーを加え『HYBRID ITEM』』で劇団としての活動を開始した匿名劇壇。
その旗揚げ公演のコンセプチュアルな完成度をじっくりとお楽しみ下さい。

【放送予定日】
2012年4月3日(火)午後10時〜
配信URL http://kan-geki.com/sp-theatre/
(SPSPの作品放送は会場上映はありません。UST放送のみとなります。ご了承くださいませ)

特集上映最終日4月4日水曜日には天劇キネマトロンにてトークイベント「ゆとりサミット〜関西小劇場開戦前夜〜公開作戦会議」を行います!詳細はコチラ!

Tweet

シュノーケル

2018/01/28

旦那さんは山へ芝刈りに・・・奥さんは川へ洗濯・・・・

じゃなくて、旦那さんはダイビングへ、奥さんはヨガへ~!の、数日間。

が、昨日は奥さんも海へ~~~(*^^)v 

私とシュノーケルツアー!

小魚の群れがすごかったとですよ!ヽ(^o^)丿

一瞬、”網ですくって、塩辛~~!”と、頭の中を過りました。

一瞬ですよ!ほんの一瞬です(~_~;)

f:id:kamomehouse:20160804230727j:plain

ねっ、思うでしょ?(*^^*)

 

透明度もバッチシ!

f:id:kamomehouse:20160804230617j:plain

イエ~イ! 奥さん10年ぶりのシュノーケルとは思えず、楽しんでた様子。

 

後半は ”海の中の陸の洞窟”?(笑)で、マンゴージュース(缶の)飲んで休憩して、

天然フレームで写真をおさめましたとさ!。

f:id:kamomehouse:20160804230805j:plain

いや~~っ!綺麗かったね~!すごかったね~。

奥さんのアクティブ細胞アゲアゲ~~~⤴⤴↗↺ 

どんだけ上がるんだ(笑)

でも、もう今日帰っちゃった・・・・数日間、二人っきりで(笑)過ごした時間、楽しかったね

ついこないだ1000祝い記事をかいたのに1100超えました!これからは、500ごとに書こうかな・・・

f:id:attiy:20130401115006j:plain 祈!10000超え!

f:id:attiy:20130330130540j:plain

祈!特に意味はない・・・

登場したこの本。

f:id:tanazashi:20161025161000j:plain

 

「超予測力:不確実な時代の先を読む10カ条」フィリップ・E・ テトロック 著(早川書房)

「専門家の予測精度はチンパンジーのダーツ投げ並みのお粗末さ」という調査結果で注目を浴びた本書の著者テトロックは、一方で実際に卓越した成績をおさめる「超予測者」が存在することも知り、その力の源泉を探るプロジェクトを開始した。その結果見えてきた鉄壁の10カ条とは…政治からビジネスまであらゆる局面で鍵を握る予測スキルの実態と、高い未来予測力の秘密を、米国防総省の情報機関も注目するリサーチプログラムの主催者自らが、行動経済学などを援用して説く。“ウォール・ストリート・ジャーナル”“エコノミスト”“ハーバードビジネスレビュー”がこぞって絶賛し、「人間の意思決定に関する、『ファスト&スロー』以来最良の解説書」とも評される全米ベストセラー。

出版社が自社の本を宣伝する際、「なるほど読みたい」と思わせる紹介文と、「中味がわからない」紹介文の二種類がある。と「本屋がなくなったら、困るじゃないか」にありました。書店は必至に本を売るのが商売ですが、出版社は印刷して取次に渡してしまえばこちらのもの・・・という意識があるように感じます。本書の紹介は後者です。

訳者の土方奈美氏がHONZに寄せた一文の方がわかりやすい。

一貫して予測力を研究してきたペンシルバニア大学教授、フィリップ・テトロックの研究成果である。テトロックの率いる研究チーム「優れた判断力プロジェクト(GJP)」は、2011年から15年までアメリカ国家情報長官直属の組織であるIARPAが主催した予測トーナメントに出場、圧倒的な成績を収めた。予測する内容が「金相場は暴落するか」「朝鮮半島で戦争が勃発するか」といった複雑で重大な世界的問題であったにもかかわらず、GJPの予測の正確性は他大学の研究チームはもちろん、CIA(中央情報局)などの諜報機関で働くプロの情報分析官のそれさえも上回った。

honz.jp

つまり、「未来予測」を仕事にする専門機関があり、そこで働く「予測者」たちは、どのような人々で、どのように予測を立てるのかという本らしいのです。未来のことが分かれば大金持ちになれるという話は映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」などで見た覚えがありますが、絵空事ではなかったのですね。

われわれは自らの予測力を高めると同時に、政治家、評論家、学者など権威とされる人々の予測を無批判に受け入れる前に、「この人物の過去の予測は正確だったのか」と問いかける必要がある。それが空疎な議論を防ぎ、予測と検証のプロセスを通じて社会が賢くなることにつながる。

即効薬としての効果を本書を望んだ人は期待外れに終わりそうです。

超予測力:不確実な時代の先を読む10カ条 (ハヤカワ・ノンフィクション)

超予測力:不確実な時代の先を読む10カ条 (ハヤカワ・ノンフィクション)

  • 作者: フィリップ・E・テトロック,ダン・ガードナー,土方奈美
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2016/10/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

ありがとうございます。

2006年12月10日からはじめて,おかげさまで今日で2周年。
毎日更新し続けて2年。ここまで続けられたのも皆様のおかげです。
ありがとうございました。

セイバーさんもお祝い

f:id:arisugawajuri:20081210171550j:image
めでたい!と扇子を広げるセイバーさん。
f:id:arisugawajuri:20081210180521j:image
お祝いのケーキ。食べる気まんまんなセイバーさん。

ランニング

2018/01/27

今日はこのメンバーで朝RUN!してきました。

f:id:kamomehouse:20170215222950j:plain

私、真ん中、お誕生日ポジション!(今日たまたま誕生日)

私の右となりはヨガメイト&RUNメイト、旅メイト、吞みメイト、メイトづくしのMちゃん。(^O^)/

左となりは、な・なんと、トライアスリート、しもトップトライアスリートの庭田清美さん。ってお方です。(≧▽≦)

トライアスロンやってる方ならご存知かと思いますが・・・オリンピック代表選手です。
ご本人はそんな話しなど全然しなかったけど、気になって、RUN後にこっそりgoogle先生に教えてもらいました。ビックリ\(◎o◎)/!

”シドニー・アテネ・北京、3大会連続でオリンピックのトライアスロン競技に出場。
1997年から石垣島W杯に17年連続出場し2010年には念願の初優勝”

との、実績を持つ、違う世界の、すごいお方でした。

 

 

筋肉も♡ 筋力も

昨日、仕事で急きょ長津田方面にいるお客さんの対応をしていて、直帰しがてら長津田検車区をウォッチしていたら、なんかサハ車両を手押ししていたので「お?」と思っていたら、5107F&5109F向け新サハ車両の輸送があったんですね。会社でDJ定期購読してチェックしてたのに忘れていた〜。

裏手から見て回ったのでひとまず福島交通向けの車両をウォッチ、手前には5109Fがいて、これもそろそろかな~とか思ってたわけですよ。

f:id:Akkiesoft:20161013130030j:plain

すでに工事が始まっているらしくドアが半開きに。鳥小屋にも資材が積まれてました。

f:id:Akkiesoft:20161013130208j:plain

5116Fが検査を終えて出場していました。屋根を塗り直してピカピカですが、新サハは塗られず、これはこれで目立つ格好になっていました。多分汚れれば差がなくなってくるかと思いますが……。

f:id:Akkiesoft:20161013132031j:plain

そして新サハ。こちらは5107F向け3両でした。ここでやっと気づいて調べた次第。

f:id:Akkiesoft:20161013132211j:plain

福島向けは2Rと3Rの2編成が並ぶ感じになりましたが、これで1回分として輸送する感じなんでしょうかね〜。

f:id:Akkiesoft:20161013132410j:plain

で、新サハが3両しかいないとなると残りの5109F分がまだ授受線だなと思ったらあたり。牽引はTOQ-iでした。

f:id:Akkiesoft:20161013130051j:plain

長津田駅で待ち伏せて撮影。逆光が厳しい。

f:id:Akkiesoft:20161013132607j:plain

下から撮って…も、逆光にかわりなかった。

f:id:Akkiesoft:20161013132612j:plain

まあ反対から撮ればいいだけなんですけど。

f:id:Akkiesoft:20161013132617j:plain

最後は動画で〆。

www.youtube.com

ふむ、終末に検車区を見に行く手間が省けた(?)それにしても新車とは言え流用部品が多いと新しいのか新しくないのかよくわからなくなってきますね。特にドアのちょっと茶色がかった感じとかクーラーキセがそう感じさせます。床下はホームに居るとわからんですけど、あれも見えればなおさらそう思いそうではあります。

結論 sys.path.append() を使う

例えばソースコード内で

 

gistcfd10e3bf8661183fdee

 

と記述すると、それ以降の import では親ディレクトリにあるライブラリやソースコードをインポート出来るようになる。

 

 

 

もう少し詳しい説明は以下で

1. Python のインポートについて

2. 同ディレクトリ上の自分で実装したライブラリをインポートする

3. 別ディレクトリ上の自分で実装したライブラリをインポートする

の順番で説明していきます。

 

 

1. Python のインポートについて

他のプログラミング言語と同様に、 Python でもライブラリをインポートすることで様々な処理を行うことができるようになります。
特に Python では、他の言語に比べて機械学習のライブラリが充実しています。

実際には以下のようにインポートを行います。

 

gistd18a900090994210b49f

 

 

2. 同ディレクトリ上の自分で実装したライブラリをインポートする

Python では自分で実装したライブラリも簡単にインポートできます。
test.py から同ディレクトリにあるTestlib.py をインポートするには次のようにします。

 

import example of Python

 

同ディレクトリにある場合は、 from [libname] import * と記述するのが手軽です。
メソッド名やクラス名がかぶらない場合は問題ありません。

 

 

3. 別ディレクトリ上の自分で実装したライブラリをインポートする

Python で import を記述した場合、ライブラリを探すディレクトリが決まっています。
標準ライブラリが保存されているディレクトリ
インストールされたライブラリが保存されているディレクトリ
同ディレクトリ
などです。

自分が実装したライブラリを探してほしいときは、パスを追加することが出来ます。
例えば一つ親のディレクトリに Testlib.py があるときは以下のようにします。

 

import example of Python 2

 

sys.path.append(../) とすることで、親ディレクトリにもライブラリがないか調べるようにしています。
絶対パスも指定できるので、どこにライブラリがあってもインポートできます。

どうも葉月です。

一昨日、おでかけするということを書きましたが、

実際出かけてみたら疲れました(;^ω^)

ということで((え 今回は東京駅編です(^o^)

 

まず、東京駅に来る、

一番街へ

f:id:mi14:20140731121711j:image

やってきたのは「プリキュア プリティーストア」!

f:id:mi14:20140731121723j:image

入り口にはキュアラブリーが!!

 

 f:id:mi14:20140801130751j:image

ここでの戦利品(^o^)ドリームグッズGet☆

 

ポケモンストアも見てきました!

f:id:mi14:20140731123013j:image

駅長ピカチュウが可愛すぎて///

 

f:id:mi14:20140731123823j:image

NHKのお店にはどーもくんがいました(笑)

 

f:id:mi14:20140731124430j:image

Calbee+のポテりこ!すごくおいしいので行った時にはぜひ食べてみてください!!

 

f:id:mi14:20140731125346j:image

「ぼくオラフ!ぎゅーって抱きしめて♡」

 

f:id:mi14:20140731135806j:image

f:id:mi14:20140731135810j:image

アナ雪の天然水!可愛くておいしい(*´ω`*)

 

はい、東京駅編はここまでです((

ディズニーランド編はこの後投稿します←

野球にはあまり興味がない。故にルールもざっくりとしか知らない。

ちにみに、俺が知っている一番 難しい野球用語は「インフィールドフライ」である。意味は知らんけど。  まあ、語句の響きから察するに、かなりテクニカルな妙技だというのは、なんとなく分かるがね。
あと選手もイチローとかダルビッシュとかゴジラとかアハゴンくらいしか知らない。しかし、何故、イチローが凄いのかは あんまり分かってない。まあ、たぶん投げたり打ったりが上手なんだろなとは思うけど。
しかし、イチローくらいは一般常識として色々知っとくべきだよな、とは思う。
つーことで、手始めにイチローをwikipediaで調べてみた。  「へーそうなんだ!なるほどなぁ」って感じでかなり楽しく読めました。イチローの凄さも かなり理解できた気がしないでもない。おい、お前ら!イチローってすげーんだぜ!!
ちなみにデスキャブフォーキューティーのメンバーがイチローのファンらしく、イチローをテーマにした曲もあるんだそうな。へぇー。
 
 
… ってのが、俺にとって最高に楽しいwikipediaの見方。次は「羽生善治」とか「室伏 広治」とか「タイガーウッズ」とか「シャラポワ」とか調べてみようと思う。
かなり有名だけど実は詳しくは知らない的な人物を調べてみて、その凄さを再確認する作業に今 ハマってるんです。特に、その人の 逸話 とか 人物 の項目を読むのが楽しい。